人が怖いという方向けのメールカウンセリング。

おとな人見知り研究所
メールカウンセリング
お問合せ

人が怖い人の部屋

大勢の前で発表をするとき緊張しすぎて、パニックになってしまう。

人前で字を書くときに手が震える。

人と一緒に食事ができない。


...などなど
人と交流する場面で緊張マックスになってしまう人がいます。
関連して視線、容姿、体臭、赤面など、さまざまな恐怖があるのですが、人からよく思われたい、という気持ちが強すぎることが原因のようです。このような症状の人に、気にするなとアドバイスしてもほとんど効果がありません。
どうしても気になってしまうから苦しいんですよね?

イメージ

自分の容姿とかにコンプレックスを持っていると、どうしてもそこをクローズアップしてしまいますが、それプラス他人からの評価というところが、人が怖い気持ちを強めているのではないかと思われます。
他人からどう思われるか、的な思考を捨てて、自分はどう感じてどう思うのかに意識を集中すると、段々と自信がついてきて、症状も軽減したり、なくなっていくことになります。
そもそも、他人がどうして怖いのか考えたことはありますか?
見ず知らずの他人からいきなりすれ違いに襲われそうになったことがある、という人は別として、ほとんどの他人は自分とは無関係なので、すれ違ったとしてもそれ以上の意味はなにもありません。
人が怖いという信念の人は、なにか他人に対して特別な感情をもっているのでしょう。その感情があるために、単なる他人であるはずの存在が自分を脅かす存在になってしまっています。
その原因についてなど、人が怖くて悩んでらっしゃるかた、ご連絡ください。きっとあなたの道しるべになります。

PageTop

メールカウンセリング